二次会で用意したい豪華な景品

二次会の景品を上手に選ぶ人と上手く選べない人は何が違うのかというと景品の種類の着目ポイントに大きな差があります。


用意する時には、雑貨や電化製品など物を用意しがちです。

これ自体は悪くないのですが、そればかりになると平凡さが出てしまうことがあります。

ですから、体験型の景品を含めると良いものです。
体験型の物というのは、テーマパークのパスポートやクルージングの招待券です。

券という物ではありますが、その物自体で遊んだりするわけではなく、特別な体験ができる引換券ですから一味違います。こういったちょっと変わっていて派手な物を用意して二次会の目玉として登場させるのです。



そうすれば、良い反応が期待できます。


ちなみに、クルージングの招待券ですが、ただ船で旅をするのではなく、船内で食事も楽しめます。

このような付加価値も見逃せないポイントと言えます。ランチとディナー、両方ありますから、多くの人が利用できる旅です。


二次会で、こういった見栄えする豪華な目玉景品を用意する場合には、一緒にパネルも用意しておくと効果的です。


大きなサイズのパネルに目玉となる景品の写真を載せて、それを参加者に見せるのです。


文字や言葉だけだと魅力がしっかりと伝わらないことがありますが、写真があればストレートに魅力が伝わるものです。



こういった点まで配慮して二次会の準備を行えば、しっかりと盛り上がることができ、思い出深い二次会にできることでしょう。