二次会の景品選びをする時の考え方

二次会の景品選びをする時には、出来るだけ荷物にならないようにするというのも一つの考え方です。

大きな荷物を持って帰るというのは実はかなり大変です。

二次会のような場合は一次会でいろいろなものを貰っていることも考えられますから、出来るだけ大きなものは避けるということも考えた方がいいでしょう。
となると二次会ではチケットなどを景品とするとかなりいいかもしれません。


商品券のようなものや、カタログから好きなものを自分が後で選んで頼めるというのもいいかもしれません。



すると、二次会の場ではチケットだけを渡せばいいだけですから、特に大きな手荷物となることもないでしょう。

お金もそれほどかかるものでもありません。

さらには、お子さんがおられるようなことを考えれば、図書券をおまけで付けられるようにしておくというのもいいでしょう。お子さんへのプレゼントとして図書券はかなり喜ばれます。



親御さんも図書券なら安心して受け取ることが出来ますし、用意する方も得に荷物になるものでもないので、こうしたものがあると二次会の場もかなり盛り上げやすくなります。



サプライズ的な演出をすることも出来たりもします。


目玉の景品とはなりにくいかもしれませんが、おまけ的なものやブービー賞のような感じとしてはかなり使うことが出来るでしょう。

宝くじのようなものもかなり喜んでもらえる可能性は高いといえます。
チケットは何にでも自分の好きなものに変えられるという魅力があります。